愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

会計処理を機械で行う病院

 病院での会計は、受付に呼ばれて対人でお金を払う、それが当たり前だと思っていました。しかし、数か月前病院へ行ったときそうではない会計システムを目の当たりにしました。それは、機械による会計処理です。  すべての診察が終わったとき、とある番号札を渡されました。その番号札は、会計待ちの順番を示すものでした。数分待って私の順番になると、機械で会計処理をしました。まるで、自動販売機で買い物をするみたいでしたが、とても簡単にできて私は驚きを隠し得ませんでした。  その会計システムで良いと思ったのは、やはりスピードの迅速化です。機械相手ですからお金の処理がとても早いですし、番号で患者を順番に処理していますから、順番によるトラブルというのもありません。また、会計のアナウンスを聞き逃すということも必然的にないわけです。人が相手じゃないとちょっとさびしい部分もありますが、それでも待たされるよりはずっと良いので、とても良いシステムだと思いました。

毎年の多くの看護師の辞職に参っています

私は総合病院で働いていて、救急患者さんも受け入れているので、とても忙しいところとして有名となっています。しかし、そのことで新人看護師の入職が少ないかといえば、そうでもなくて、しっかりと毎年多くの新人看護師が入職をしてくるのです。 そしてそのことは、とても嬉しいとおもう反面、その中の何人の看護師が残ってくれるだろうかと心配もしているのです。」というのは、毎年多くの看護師が辞職をしていて、その中のほとんどの看護師が新人であると言うことが問題と思っています。 新人の頃は、私のときもそうでしたが、夢と希望をもって就職をするのです。しかし、その夢と希望が実際に働いていると、本当に疲れ果ててしまい、そんな気持ちは途中からなくなってくるのです。 そして、仕事を続けて行くことに疑問を持つようになり、ほかの病院へ転職をしていくといったことが繰り返されています。 もういい加減で、新人看護師がやめることがない、病院作りをするべきだと悩んでいるところです。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

サブコンテンツ

このページの先頭へ